日本人の知らない日本!?韓国・コンゴ・メキシコから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

 この週末はインターナショナルな日々でした(笑)

まずは韓国からこんなTwitterメッセージが……

 「「Twitter革命」の韓国語版出版にあたり写真のデータを頂けないでしょうか」。
このブログで書いたTwitter Nightの記事を見たTwitter革命の編集者さんから、以前連絡をいただき、神田敏晶さんのTwitter革命内で写真をのせていただいているんですが、なんと韓国版が出るそう。しかもオールカラーなんだそう。楽しみだなぁと思いつつ、もちろん、写真はすぐに送付(笑)
 「日本語でTwitterでメッセージをするのは恐かった」とおっしゃる韓国の編集者さん。機械翻訳をかけながら、とっても丁寧なメールをいただきました。私のTwitterID「@aqualuna」を絶賛。韓国の方ってこんなにほめ上手?って思うくらい、素敵なメッセージで、ほめられてない私としては、くらくら来てしまいます。なんと独身だそうで(をい)。
 最近、Twitterの英語IDの方では、勉強し始めた韓国語とスペイン語のためにと、韓国とスペイン語圏の同業者をフォローしているのですが、実は韓国語始めました!とその編集者さんに「友だちになって下さい!」と体当たり(笑)Language Exchangeにおつきあいいただくことになりました。何がどうなるかわからない、Twitterってやっぱり面白い(笑)

コンゴ民主共和国から……「なぜ日本人は家で靴を脱ぐの?」

 そして、知人が立ち上げた国際交流団体PEACEに参加し、ネパールのカレー屋さんで、コンゴの大使館の人とお食事会をしてきました。フランスの植民地だったということもあり、フランス語の方が英語より堪能だという、これまた独身の紳士な方で、コンゴ民主共和国について、たくさんお話しを伺いました。
 「きょうの世界」をやっていた関係で、実は私の中のコンゴのイメージってあまり良いものではありませんでした。鉱物資源が豊富で、そのため、戦争が多い地域。ルワンダなどとも国境を接しているため、そういう意味でもものすごく混乱している地域だという認識。
 ただ最近はずいぶん落ち着いてきているそうですが、50%の人は学校に行けないという現実もまだまだあるようです。

 「日本に来て驚いたことは?」という質問に対して、日本人は本当に丁寧で優しいなどとともに、そうそう「日本人って何で家で靴を脱ぐの?」という質問には思わず絶句というか……とっさに何も出てきませんでした。私はそのときブーツを履いていたんですが「ブーツなんて脱ぐの大変でしょ?」なんて言われてしまい……。
 「畳が汚れたり傷つかないようにかな?」と答えたら、「うちに畳有る?」と言われ、「私の所は小さなマンションだから無いけど……」「じゃあなぜ?」「・・・・・」。
 「靴はいてたらリラックスできないでしょ?」「なんで?」そりゃあ靴履いてリラックスできる国の人に通じるわけもなく……
 「汚くない?」「なんで?」ベッドに靴のまんま横になる国の人に通じるわけもなく……

 大好きな漫画の一つに「日本人の知らない日本語」という、日本語を学ぶ外国人のおもしろおかしい日本語が紹介されてる漫画があるんですが、まさにそれ。最終的には「習慣だってことで……」と情けない答えをしてしまいました(笑)
日本のこと、もっと知りたいなぁと思う出来事でした。

さらにはメキシコ!ラテンの国の人はちょっとエロおやぢ?

 最近通っている多言語サークルセルラス。ゲストにメキシコ大使館のとっても素敵なおじさまがやってきました。日本語もペラペラでとっても素敵な人で、たくさんメキシコのことを教えていただきました。

 さきほども書きましたが、私の国際感覚のほとんどは「きょうの世界」から来ていて、平和な国はあまりニュースにならないという欠点があります。ラテンな国々ではキューバとかチャベス大統領率いるベネズエラとか、このあたりはしょっちゅうとりあげるので、かなり詳しいと思うのですが、メキシコになると全く知りませんでした。
 裏はとっていないのですが、歴史的にも古く、家康の時代に当時のメキシコからフィリピンを行き来する船が、御宿で座礁し、メキシコ人が助けられたことから、感謝を表すために時計を贈ったということから、つながりがあるとか。鎖国するまで鉱山などに技術協力として、技術者を送り込んでいたんだそう。メキシコは銀がとれるんだそうです。確かにベネズエラとか油とか鉱物資源は豊富だものね、と納得。
 その他、いろいろな町のお話しなどなどを聞き、とっても楽しい時間を過ごしました。
 ものすごく気を遣って下さる方で、1人1人に、どんなことに興味があるんですか?と聞きつつ、それについてメキシコに引きつけて話をする頭の良さ!
 ちょっと面白い、ユーモアのある、それでいて緩い感じがラテンの国の人だなぁととっても楽しくなりました。

 お国柄、本当に出てて面白い週末でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする