迷ったときこそ、続けなさい! x 築地朝食会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
迷ったときこそ、続けなさい!
迷ったときこそ、続けなさい!
おすすめ平均
stars何故か心に訴えかけられるビジネス本
starsプロフェッショナルとは何なのか

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 代休の日も朝活!ということで(笑)、ご自身も著者である美崎栄一郎さん主催の築地朝食会に参加してきました。今日のゲストは「迷ったときこそ、続けなさい!」をグラブ職人の坪田名人と共著をされた根本真吾さん。

 実は根本さん、ひょん(?)なことからtwitterで絡ませていただいたこともあり、さらに今週、月曜日の築地夜食会(笑)にご参加されていたので、ご挨拶はすでにさせていただいておりました。でも、なかなかお話は出来ていなかったので、かなり楽しみにしていました!

 と、楽しみな割に、相変わらずの遅刻(笑)最近、築地朝食会に関しては、遅くまで居られるので遅くに行くというのが癖になってしまってます、すみません。。。でも珍しいことに、遅くまでOK席に座ったのが、若い(笑)女性たちだったので、なんだか新鮮。そしてまたうれしいことに、以前Reading Labでこの本を紹介したときにご一緒させていただいた方も来てくれて、なんだか、いろんな意味で、とってもうれしい会になりました。

 最後まで居られる特権(?)を活かし、根本さんには申し訳ないことをしてしまったのですが、かなりの延長トーク。坪田名人のこと、根本さんご自身のこと、などなど、お話を聞かせていただきました。

 興味深いなぁと思ったことはいくつかありますが、一つは、今のお仕事のこと。スポーツ留学のコンサルタントをされているということなんです。よくテニス留学とかは聞くにしても、そうしたことを専門にやってるところはないということで、やり始めたとのこと。そのときに、スポーツの話題を通して英語もできるようになったという根本さんご自身のエピソードもうかがったのですが、確かに、私も一番英語がのびたのは、好きな写真だったり映像だったりの話をしているときだったよなぁなんて回想しました。英語をやろう!って思うのではなく、コミュニケーションの手段としての英語、それが今の勉強会にもつながっているのですが、いろんな意味でスポーツに特化する面白さを感じました。

 もう一つは本にもありましたが、坪田名人の気さくさ。もちろん名人としての腕があってこそではあると思うのですが、気取ることなく、どこでもみんなの輪の中に入っていけるその姿勢。このブログでも何度か書いていますが、1年ほど前まではしょっちゅう壁の華をやっていたくらい、何というかこう輪に入っていけないところが今でもあって、それはかなりのコンプレックス。場の中心になれて盛り上げられる人にあこがれます。そこまでなれなくても、はじけられればいいな〜と思う今日この頃。

 そんなことをツイートしていたら、友人からきつい指摘。「萎縮しちゃってるんだよね〜」ということらしい。これはAD時代虐げられてきた(汗)後遺症じゃないの〜(笑)自分にいまだに自信がないんですね〜、さすがにそれ言われて、あたってるだけにちょっぴり凹んだりしています。でも少し馬鹿丁寧やめて、楽しく、オープンマインドに、これから徐々になればいいさ〜っと開き直ったりもしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする