善と悪とは?自分とは?-香月日輪氏新シリーズ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
僕とおじいちゃんと魔法の塔(1) (角川文庫) 僕とおじいちゃんと魔法の塔(1) (角川文庫)

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-01-23
売り上げランキング : 1212

Amazonで詳しく見る by G-Tools

とうとう出た!香月日輪氏の待望の新シリーズです。

 いきなりですが・・・香月日輪氏の作品が大好きな私としては、このシリーズも最高です。
角川文庫から発売されていますが、元は「チャレンジキッズ5年生」に連載されていたということで、間違いなく、児童書ではあります。でも大人にこそ読んで欲しい本なんです。

 主人公は「よくできた」品行方正、まじめな一家の長男である小学校6年生。絶対的な存在である父、尊敬し母お会いする。「尊敬する父」というタイトルの作文で表彰される「よくできた弟」、可愛らしい妹。そんな家族にちょっとした違和感を覚える。しかしその違和感、もやもや、でも原因はわからない。そんな中、父が忌み嫌う亡き祖父の幽霊に出逢う・・・。

 そんなお話。亡き祖父との出会いから、「自分らしさ」を知っていく主人公。世の中の常識、優しさ、正しさ、品行方正だといわれているようなこと。違和感を覚えず、そうした考えを押しつけられている現実。それは良いことなのだろうか。「善とは何か、悪とは何か」。善とは良いことで、悪とは悪いこと、それで正しいのか。

 既刊「妖怪アパートの幽雅な生活」以上の哲学度というか「自分を見つける度」がパワーアップ(笑)

 「妖怪アパート」のメッセージが「世界は果てしなく広い、だから肩の力を抜いていけ」だったならば、こちらは「世界は果てしなく広い、だから自分らしくいけ」な感じでしょうか。

自分を持って自信がつけば、他人も認められる。
そうすれば真の思いやりも持てる。
そんな単純なことが出来てない自分に気がつける一冊。

子ども向けですが・・・ここに出てくる「父」や「母」にあなたもなっていませんか?

香月日輪氏の作品は、いつも思いますが、大人にこそ読んで欲しい一冊。これすごい、私もなりたい!!って影響されやすい私だからこそ、単純に言ってしまうのですが・・・もちろん、価値観は人それぞれ。いろんな考えがあってこその世界ですから、いろんな考えに触れてみるのはいかがでしょうか。

私も、かつてはかなりガチガチな「価値観」を持ってたので、そういう意味では損をしてきたなぁと改めて思います(笑)なんせ、昔は「良い子」な「優等生」でしたから(笑)いや、昔だけじゃあなくて、今も結構そうかなぁ。かなり損してる気がするわ(笑)

世界は広い、考え方もいろいろ。
オープンマインドで世界は美しい、楽しい!
生きてるだけで最高!
と言える毎日を送りたいなぁと改めて思いつつ、
やっぱり、いつ死んでも良いと思えるように、目の前のことを精一杯やっていきたいなと思っています。

今年のテーマはこれかな。
やっぱり「エゴイスト」に「傍若無人」に。

自分らしくやりたいと思います。

ちなみに2巻はもう高校生に主人公がなっているようです、これまた楽しみですね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする