感謝の気持ちと自分のふがいなさ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

D1000167 のコピーD1000166

PDCA仕組み研究会のあと、六本木ヒルズの51F(だったっけ?)で贅沢にみんなでランチ。楽しく贅沢な時間を過ごしながら考えたこと。

どうやったら人に貢献できるのか・・・

 貢献って書くと大げさなのかもしれませんが、この2日間、正確に言うと金曜日からの3日間というのは、とてもとても濃い時間を過ごせました。何せ、アウトプットがついていかないくらい。まだブログの記事に出来ていないんですもの。

 金曜日は「築地朝食会」でマネックスの内藤忍さんと2度目の対面。お話しする機会を頂きました。土曜日はまずこれは記事にしましたが、「リーラボ」で立石剛さんのセミナー。そしてたまたま残っていたから経験できた素敵なお茶会。その後は「21世紀の働き方・学び方・生き方」で平野敦士カールさんの「たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考」の深掘読書会。ここでもまた、立石さんのお話と呼応するような話が出て、いろんなことへの気づきを頂きました。この記事も書かなくちゃ!そして日曜日の「PDCA仕組み研究会」。

 濃い3日間で、それも、もうまとめられないくらい(大汗)いろんなことに気づき、素敵な出逢いを経験し・・・。あまりの感動で、感謝がいっぱい。それぞれを会を主催して下さった方々、企画して下さった方、もちろんセミナーの講師の方々、題材になった本にかかわる方々、参加者の方々。

 本当にすごいなぁ、ありがたいなぁと思います。感動しすぎてつらくなっちゃったのは、私はどうお返しをすればよいかわからないということ。英語の勉強会にしても何にしても、今は自分にとって必要だから、自分がやってるってことが大きくて、お役に立ちたいって気持ちではないんですよね。でももらったものは、返したい。

 なんだかんだ言って、あちこちで甘えさせてもらって、いろいろとやって頂いてしまっていることが多いんですよね。自分の力じゃあどうにもならなくて、頼って甘えさせていただいている方々には、よくよく考えればメリットなんてないんですもの。それをやっていただいちゃってる。いつか返さないといけないけど、どうしたら自分は役に立てるのか。少し考えなければいけない時期に来ているようです。

 それにしても、本当にみなさん、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする