「すぐやる人」を目指して1週間

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「すぐやる人」を目指す!から1週間。
何に対しても「すぐやる」を意識して過ごしてみました。

 いや〜、かなりいろいろなことを「後回し」にしていることがわかりました。

まっ、後でいいや。後で落ち着いて考えよう

 気がつくとそんな風に考えてるんですよね。例えばアポを取ることにしても、あとでまとめようとか、あとで●●しようとか。

 ブログを書くにしても、今は、あれ調べられないから後にしようと思ったっきり、そのネタは遠いお空へ・・・。もちろんメモやノートを取るようにしているので、そういう忘れることはだいぶんなくなりましたが、気がつけば、後にしようと思っている自分がいる。あとでまとめようって思ってしまうんですね、これってとても効率が悪いことに気がつきました。

 続きは折りたたみます。

「すぐやる」に変えてみた

 勝手にメンターと仰ぐ豊田圭一氏の「すぐやる」を見習ってみました。

 「あとで」と思ったら、すぐ「いかんいかん、今やろう」と考えを訂正し、すぐやってみました。
まぁ、気をつけてはいるんですが、私、かなりのあわてんぼうなので、そういう意味で「すぐやりすぎて」迷惑をかけていることもあるかもしれませんが・・・。。。

 ▼メールやtwitterの返事も1度はすぐに書く。
  基本的にメールにしても何にしてもすぐにお返事をするようにしてみました。もちろんすぐにはどうしても決められないことがある場合には、1度、調整してみます、などなどと書くように心がけました。

 ▼本は読みながらまとめる。
  電車の中で読むことが多いので、ドッグイヤーやふせんをつけて、あとで自宅でゆっくりとメモを書く。今までのこういうスタイルから、iPhoneのアプリ「WriteRoom」というテキストアプリを使って、メモをしながら読むようにしました。

何が起こったか

 仕事が減った!!というと大げさかもしれませんが、先送りにしないことで、いろんなことが円滑に進むようになりました。特にメールに関しては、はっきり言って怠け癖があるために、先送りされていたことが多いので、それがなくなったことで、ものすごく負担が軽くなりました。
 ブログも同じ。メモ書きがオンライン上にある状態なので、いつでも直せるようになって、ブログの更新が楽になりました。
 また、そういう意味でもiPhoneをさらに活用するようになりました。

もうちょっとXXしたら、●●しよう・・・捕らぬ狸のなんとやら

 例えば、今の私ならば、「立ち上げた英語勉強会がもう少し軌道に乗ったら、大きなセミナー形式のものをやってみたいな」みたいなことですね。はっきり言って捕らぬ狸の皮算用。そんなこと言っていて、軌道に乗るの?人が集まるようになるの?今、集まらないのにこの先集まるの???よくよく考えればわかることなんですが、ついつい考えがちなのがこうしたこと。

 とはいえ、これに関してはまだまだ改善の余地があって、今は、おっとまた先のこと考えているよ。と戒めるにとどまっています。身の丈を知ることも大事ではあるので、そういうときには、自分の今のキャパを考えて、それよりちょっと上のことにチャレンジしつつ、今の精一杯を出す用にしています。

 ただここ数日は、今日の大仕事を優先し、あまり「すぐやれて」ないんですよね〜。いっぱい先送り(苦笑)もっと時間を上手に使いたいものです。

 いろんなことがかなり楽になりました。一緒に「すぐやる人」を目指しませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする