「すぐやる人」を目指す!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12/17(水)に迫った築地朝食会。

 これは「結果を出す人はノートに何を書いているのか」美崎栄一郎さんが主催の会で、ビジネス本の著者さんがテーブルをまわってお話をしてくださる会です。17日のゲストは「すぐやる人」こと豊田圭一さん。今まで豊田さんのご著書を手にとったことがなかったので、これを機会にと思い、代名詞にもなっている「とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方—アイデアだけでは終わらせない「実行力」が誰でも身につく!」をまず読んでみました。実は新刊にも感激しているのですが、かなり長くなりそうなので(苦笑)とりあえず。。

とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方―アイデアだけでは終わらせない「実行力」が誰でも身につく! (アスカビジネス)
とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方―アイデアだけでは終わらせない「実行力」が誰でも身につく! (アスカビジネス)
クロスメディアパブリッシング 2007-09
売り上げランキング : 66466

おすすめ平均 star
star「すぐやる」メリットとは?
star間違ったことは言ってないが……
star初心者向け

Amazonで詳しく見る by G-Tools

以下、折りたたみます。

 タイトル通り「すぐやる」ことの必要性などなどなど、ご本人が実際に実行されていることを交えながら書かれている本。
「すぐやる」ということを改めて考えてみて、簡単そうで、当たり前のことが書かれているようで、実は難しいと実感した本です。いや難しいと言ってしまうと、実行できない気がするので、すぐやります、やるのですが!!!

 今まで、メールの返信は出来るだけ早くする、などなど「すぐやる」を心がけてきたつもりだったのですが、こと自分のことになるとすぐやるが実行できてないんですよね。例えば本を読むとき。引用したりすることも多いので、どうしてもふせんを貼ったり、ドッグイヤーをつけたり、それぞれアクションを決めてやっていくのですが、いざブログに書こうとすると、あぁ、今、手元に本がないやとか、まとまった時間がないやとか、先送り。そしてそのまま埋没。。。

 あぁ今、XXがないや、自宅でやろう。
そんなことも多くあるし、私が気がついたら言っていることの一つに「いずれこうなったら」ということもあります。
立ち上げたばかりの英語の勉強会。明日開催するのですが、集まったのは私たち主催を入れて7人。初めてにしては十分すぎるくらいなので、参加してくださる方には感謝しているのですが、セミナーなどを開催するには小さい規模すぎる。セミナー形式で講師をお願いしたい人っていうのがたくさんいるのですが、「いずれ会が大きくなったら」そんなことを言っている自分がいるんですね。

 先送りにすることにすぎないわけです。あぁコレじゃあダメだ!とついついそう言いそうに、そう書きそうになっている自分に気がつくと、速攻で訂正しています。気づけるようになっただけでも、本当に大きいです。

 続けて読んだ豊田さんの新刊にも感動しまくりで、明日、お会いできるのが本当に楽しみです。

ちなみに、豊田さんの新刊にあったお話で、「勉強会や交流会で出逢った人にお礼メールをしてランチに誘う」早速、実行しています。もしかしたら会えるかも?って思って本を読むと、なおさら理解も広がるし、興味も広がるんですよね。何をうかがったらいいんだろう・・・と思って今までは気後れしてましたが、誘っちゃった、OKいただいちゃった、どうしよう。。。って必死に考えます(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする