岩瀬大輔氏に見る行動力とセレンディピティ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のReading-Lab(朝読書会)はセミナー形式。
「生保のカラクリ」で話題のライフネット生命の岩瀬大輔さんの講演でした。

生命保険のカラクリ (文春新書)
生命保険のカラクリ (文春新書)
文藝春秋 2009-10-17
売り上げランキング : 102

おすすめ平均 star
star生命保険の真実がわかる!
star生命保険を買うか、あえて買わないにあたって必携の一冊
star「販売至上主義と顧客軽視によって誰も理解できない複雑な商品

Amazonで詳しく見る by G-Tools

講演でも生命保険のカラクリについてちょこっと触れていただいて、
この本にも興味を持ったのですが、まだ未読なのでそこはまた別の機会に書きましょう。

私が読ませていただいて、サインも頂いてきた岩瀬さんの著書は、

東大×ハーバードの岩瀬式!加速勉強法
東大×ハーバードの岩瀬式!加速勉強法
大和書房 2009-08-21
売り上げランキング : 4880

おすすめ平均 star
starあまり役には立たないかも
star著者だからこそできる勉強法
star私にとって興味をもてた部分

Amazonで詳しく見る by G-Tools

この勉強法の本でした。
今回のセミナーでも多くの共通点がありましたので、そのあたりを取り急ぎ。
本文は、折りたたみます。

岩瀬さん流のブランディングは一点突破「強みを活かす」

よく言われることではあるんですが、岩瀬さんのブランディングもやはり
「自分の強みを活かす」ということにあると感じました。

岩瀬さんの素晴らしいのは、ご自分でも気がつかないうちに?
そこがうまく確立されてきたこと。
今、見直されてきているというか注目されていると思いますが、
「どんどん改良する」ということに長けていらっしゃるのではないかと思います。

▼自分の特徴は子どもの頃にあり?

勉強法の本の中にあって印象的だったのは、
自分のもっとも素直な特徴は子どもの頃のキャラクターではないか
というもの。

みなさんはどんなお子さんでしたか?

私は目立ちたがり屋で、まとめたがり屋で、でもまじめで・・・。
うん、確かに今とあまり変わりません、変えたいんですけどね。。。

ということで、これをブランディングに活かす方法を考えた方が良い
ということなんですね。
自分の適切な「役割」がよくわかる。

▼空気を読め

ここで言う「空気」は「タイミング」のこと。
岩瀬さんは、持ち味を活かす場所やタイミングをはかって、
より効率的にキャラクターを突出させるべし!とおっしゃっています。

個人的には私はせっかちで我慢ができないので、
よ〜く内観して、もしかしたら我慢した方が活かせるタイミングなのか?など
考えてみたいと思いました。

とにかく行動!

岩瀬さんの講演を聴いた方のブログで、岩瀬さんにしかられましたというのが
確かどこかにあったと記憶していますが、
私の中のイメージはとにかく行動力のある人。
今、私の中のキーワードにもなっている「行動力」なので、
そうか、今聞くべきだったんだなぁと思ったりもしました。

すぐ聞く、思い切って聞く

すごいな〜と思ったのは、マーケティングリーサーチなどでも、
例えば携帯電話について調べなければならないと思ったら、
主要な会社のinfoアドレスに一斉にメールを書いてみるというのがありました。
意外と返事が来るそうです。

さらに、会社でも一斉メールを流すそうです。
アイデアを共有することで、ヒントやアイデアがもたらされる。
これは確かにそうですよね。
ブログとかが完全にそうなので、やっぱり必要なことなんだなぁと思いました。

やはりブレイクダウンして行動に移すことが大切。
これは私の今のテーマです。

そして、私のように「むらのある人」「飽きっぽい人」は、
何でもかんでも100%の力でやるべし!とありました。
これは実感です・・・・・。

岩瀬さんの成功はセレンディピティにあり?

セレンディピティという言葉は出てきませんでしたが、
正直、「なんて運の良い方」なんだろうなぁ〜と思うことがたびたびありました。

もちろん、講演ですし、いろいろな意味で脚色されているんでしょうし、
さほど苦労話というのはされていなかったので、
お話になられていない苦労話は相当あると思うんですね。

それでも、Q&Aのときに、「そうした人脈を作るにはどうしたらいいのか」
というような質問が複数出されましたので、
私のように感じた方は多くいらっしゃったんでしょう。  

出逢いをチャンスに変える力。
岩瀬さんは「計画された偶然性」という言葉を使っていましたが、
やはりこうした「セレンディピティ」や「シンクロニシティ」は、
行動力に裏打ちされたものなのではないか、と漠然と感じました。

行動無ければチャンスも無い!

もちろん、私が今、「行動する」ことにアンテナが立っているので、
それもあるんだとは思いますが。。

苦手な金融、経済分野ですが、次は生命保険のカラクリを読んで、
少し金融や経済の勉強をしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

  • はじめまして、いちろーと申します。
    Twitterではichi_ryanでコメントさせてもらいました。

    岩瀬大輔さんのお話面白いですね。
    特徴は子供の頃にあり、というのは面白いですね。
    あとは常にアンテナはりながら行動するとセレンディピティは自然に生まれるものなんですね。
    やっぱり行動するのが大事なんですね!。
    勉強になりました。

    また今後ともよろしくお願いします。

  • twitterでのコメントもありがとうございました。

    岩瀬さんにサインを頂くときに、朝もtwitterでつぶやいてきて・・・と
    お話をさせて頂きました。

    とにかく「行動」という考え方は本当に簡単なようで難しいです。
    でもなせばなる!で頑張りたいと思います。

    こちらこそ、これからもよろしくお婦負がします!

  • twitterでのコメントもありがとうございました。

    岩瀬さんにサインを頂くときに、朝もtwitterでつぶやいてきて・・・と
    お話をさせて頂きました。

    とにかく「行動」という考え方は本当に簡単なようで難しいです。
    でもなせばなる!で頑張りたいと思います。

    こちらこそ、これからもよろしくお婦負がします!