スケジュールシールのススメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近、A6ノートからA5ノートへ乗り換えました。
この時、Googleカレンダー+iPhoneだけだったスケジュール管理に
A5のスケジュールノートも利用し始めました。
時期はずれの10月始まりをとりあえず使うということもあり、
見開きで月間スケジュールがあるタイプです。

image_1

恥ずかしいので、かなりぼやかしてますが(笑)

見てもわかるように、よく繰り返すものに関してはシールを作っています。

続きは折りたたみますね。

スケジュール用シールの作り方

私が使っているのは、Aoneの「はがきサイズのプリンタラベル」。

ネーム用の33面という24mmx8mmのものです。
これでもちょっと高さがありすぎるのですが、幅は私にはちょうど良い。

これがどうしていいかというと・・・

私の場合、仕事のシフトが毎日変わるので、平日の日にちの横には仕事のシフト。
このスケジュールノートには、ちょうど良い大きさで、すっぽり入る。

image_6

で、さらに、日付の下の部分に貼ると、少し余ります。
これを利用して、時間と場所をちょちょっと記入。

さらにAoneはラベル屋さんというフリーのソフトを配布しています。
ですので、ぴったり合うラベルを作るのも簡単!

残念ながら、Macの10.5には対応していなくて、
私はWindowsでそれを作っているので、Macの最新の方はごめんなさい。

テンプレートも豊富で、さくっと作れるので、とっても楽ちん。

ちなみに、私はこんな風にスケジュールノートを使っています。

改めて、スケジュールノートの使い方も書いてみようと思いますが、
先にちょっぴりとご紹介。

iPhone+Googleカレンダーには、その日の詳しいスケジュール。
場所なんかも地図とリンクできるので、場所や詳しい時間なども記入。
ライフログを兼ねているので、なんでもかんでも細かく書くもの。

こちらのスケジュールノートは、仕事をしながら、ブログを書きながら、
必ず横に広げてあって、だいたいのスケジュールがふかんできるようにしています。

左下や左上の余白を中心に、月次チェックの時に、
この月の目標をがっつり記入。

さらに左端が一ます空いているので、それぞれの週の目標をたてて書きます。

これは週次チェックのときに、自分の決めた進行状況とてらしあわせ、
改めて週の目標や一週間コンパスを作るので、ブレークダウンとしてかなり有益。

未定のスケジュールや行きたいけど無理かもと思われるスケジュールは
えんぴつ書きをしていて、決めたらシールをペタン。

ちなみに、写真で1週目にシールが貼っていないのは、まだ作ってなかったから(笑)

特に、ウォーキングなど、自分が先送りしそうなものも、シールで貼ると、
「絶対やらなきゃ!」と思えるので、自分に対するプレッシャーにも有益です(笑)

まぁ最悪、張り替えも簡単なので、大丈夫なんですけどね。

モチベーションもあがるし、見やすいし、かなりおすすめですよ!  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする