「とんでもない決断」をする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

D1000096 昨日、苫米地英人氏の講演会に参加してきました。
これは本当にラッキーだったのですが、
skypeで見かけたマインドマップで有名な
創造マラソンの淺田君に「おひさし〜」と
声をかけたら、こんなのあるよ!と教えてくれたので、
図々しく、私も行きたい!とご一緒させて頂きました。

 実は私、この「苫米地英人氏」を誤解してました。

元々、私はこの方の著書は英語関連の本しか読んでません。
昨日も本来は「英語は逆から学べ」の
英会話トレーニング編の出版記念講演だったはずなのですが、
「その英語は逆から学べ」の内容は私にとっては当たり前。

そのため、何でこんなに
この方の本が売れて、人気があるのか?
が、実はわかっていませんでした。

コーチングの方だったんですね、本当は。
コーチングには興味があるので、とても面白く拝聴しました。

あなたのゴールは?「とんでもない決断」をしなさい!

苫米地氏のお話は、興味深く語り口も面白いですが、
見事に話が飛びまくる、というか、かなりマルチタスクな方で、
どこにつながるのだろう?と考えながら、聞いていました。

その中で、私が興味深いなと思ったのは、ミッションについて。

苫米地氏のミッションは「世界平和と差別のない世界」だったかな。
ここはメモらなかったので、間違いだったらごめんなさい。

大きなミッションだなぁと感心し、
「What’s my Goal?」最初にメモをしました。
こんなゴールやミッションが作れたらいいなと感じたからです。

そう、苫米地氏が言いたいことも、恐らくそれだったんですよね。

「とんでもない決断」をしなさい。

「ゴールは現状の外に設定すべき」という言い方をされていましたが、
×大銀行の銀行員が銀行の頭取になる
 =理想的現実なのでNG
◎アメリカ合衆国大統領になる

実は前述したように、苫米地氏の本は最初に?となってしまって、
一切、読んでなかった私。
ワーディングとかは非常にこの方特有で、わからないことも多かったですが、
高い次元で設定するというのは、よく理解ができました。

長くなるので続きは折りたたみます。

というのも、こんな説明があったからです。

企業のゴールも、個人のゴールも、
次元が高いところで設定してあれば、重なるはずだ。

確かにそうなんですよね。
世の中に貢献したい、みたいなゴールであれば、必ずかぶるはず。

ということで、改めて私も、自分のミッション造りと
とんでもない決断をしてみました。

ミッションは
 「住みやすい社会を作るために社会貢献をする」こと。
 さらに、女性が生き甲斐を持って働きやすく、
 女性が働きながらも、よりよい家庭が築ける社会にするために、
 働きかける。

とんでもない決断は、
 「「TIMEが選んだ今年の100人」に選ばれる」

です。

ほんとうにとんでもない決断ですね(笑)
でも、決断をしたからには、動かなきゃいけない、さあどうしようということで。

次にやることまで、苫米地氏は紹介してくれています。

さあ、半年後の自分を想像して、書き込んでみよ!

もうすでに、苫米地氏のブログエントリーされていました。

このとんでもない決断、ゴールを想定した上で、
そんな自分が、「半年後に行っているはずのこと」を想像して、
半年後のスケジュールor日記帳に書いてしまう。

これ、コーチングというより、イメージングの基本ですよね。
「現在進行形で話す・書く」

苫米地氏の説はコーチングというよりも、イメージング、
マーフィーとかザ・シークレットとか、
どちらかというと「スピリチュアル系」に分類されるのにも似ています。

個人的なゴールとして上には上げませんでしたが、
「「スピリチュアル系」が「普通」になる社会」
「「スピリチュアル系」がスピリチュアルじゃなく認知される社会」
そんな風になる社会になるために、何かをしたいと思っている部分もあり、
苫米地氏の考え方ややってらっしゃることには、かなり共感しました。

おっと、話を戻しましょう。

ということで、私は、申し訳ないながら、氏の手帳は購入してませんが、
Macで使っている日記ソフトの半年後に書くことを考えてみようと思います。

月ごとの未来日記と、年ごとの未来日記は書いてあったのですが、
今年の頭に比べて、ミッションもゴールも世界規模になりましたので、
やり直しです(笑)

年頭に書いた未来日記では、私の目標はベストセラー作家になることだけで、
ちんま〜くちんま〜く、まとまってしまっています。
苫米地氏の話を聞いた今、読み返してみると、本当に「フツー」です。
ベストセラー作家なんてごろごろしてるじゃないか(をい・苦笑)

さらに、アレンジしてみて、来週の今も書いてみます。

これを書いていて、ふと思い出したのが、
シゴタノ!の佐々木正悟さんが書かれていた「未来日記」という記事

1週間後の自分の様子を想像して、日記を書いてみると、
無理のないスケジュールが立てられていいよ!というもの。

私はGTDをしていますので、
週次レビューのときに、週間予定も立てます。

月間レビューでは月の目標も立てるのですが、
仕事については週末に次週のシフトが出るので書けないにしても、
人生のゴール上での来週の自分や、一ヶ月後の自分、三ヶ月後の自分
このあたりも書きながら進むと、
一ヶ月後、見直しができていいかなと思います。

かなりの手間ですけどね(笑)

どこまで続けられるかわかりませんが、
このミッションに沿った長期予定をたててみたいと思います。

参加者の方のブログもご参考に!

◆ミケさん「”とんでもない”苫米地さん講演会に行ってきました
◆PureBlogさん「苫米地英人さん講演会へ行きました。
◆戯画マジックゲームさん「ゴールは現状の外側に設定!