GTDの基本に立ち返るーやるべきことと優先順位

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここのところTodoに追われてしまい、Todoの僕になっていました。
なんとかしなければならないと思っていたので、
GTDの基本に立ち返ってみました。

私のGTDの根底にあるものは・・・

私のGTDの基本はフランクリンプランナーという手帳と書籍の「7つの習慣」です。

7つの習慣はとても中身の濃い本で、きちんと理解し実践できているかというと、
これがなかなか難しい(苦笑)

ただ、とにかくGTD的に言うと、根本にある考え方は同じ。

◆自分がどうなりたいのかを内観する
◆なりたい自分になるためにどうすればよいのか、タスクを分解する
◆分解したタスクで長期、中期、短期目標を考える

ということ。

さらにもう一つポイントになることは・・・

◆やらなければならないこと(例えば仕事とか)
◆やらなくても良いかもしれないけれど、やるべきこと

これを意識すべきということ。

私の場合は、日々、やらなければならないこと。
例えば今日、支払いしなければ!とか、あれこれやらなければいけないことをやるのに
必死になってしまっていました。

例えば「英語」。
英語の勉強をしようと決め、Todoに英語の勉強をすると書いてあるものの、
ひたすら先送りの日々。。。

なぜ「先送り」してしまうのか?

改めて考えてみると、やはり、 自分がどうなりたいのかというミッションがちゃんと見えていない。

「英語」を例にあげましたけれど、私の場合何となく、
「ネイティブと普通に話せるくらいの英語力が欲しいな〜」
という風に思っていたんですね。

仕事でも使うので、もうちょっと英語がわかれば楽なのにな〜
そんな風に甘い考え方というのか、目標が緩かった。

本当は、
いついつまでに、●●ができるようになる
くらいに、具体的な目標があるのが一番いいんですよね。

英語だったら「来年のTOIECで●●点以上取る」とか。

せめて私だったら、「3年以内にパックを使わずに海外旅行に行く」とかでしょうか。
これでもちょっと甘いなぁ。

英語に関しては、また改めて記事を書きたいと思いますが、
実は具体的な目標をまだ見つけられないままではありますが、
ちゃんとタスクを分解しなくちゃと思って、タスクを細かく分解中です。

まだ、smart.fmとかEnglishCentralは先送りの日々ですが(苦笑)

とりあえず、英語でつぶやく、英語Twitterをはじめました。
ちなみに英語用のIDは別にして、英語でつぶやいている人を中心にフォロー中。
海外の人とも交流したいなと思っていますが、まだそこまで行っていません。
英語のIDは

Wakako Sugawara (@waka_aqualuna)さんの最新ツイート Japanese TV program producer. studying English, Spanish, Korean, French, etc. Love reading, listening R&B, Jazz. Langu...
です。  

ということで、英語の話にしてしまいましたが(笑)

GTDでは、
Todoの僕になるな!
やらなければならないことよりやるべきことに優先順位をつけろ!

これに尽きるのではないかと思います。

RTMからToodledoに乗り換え、今はOmniFocusにしていますが、
todoの僕にならないGTDができるかどうか。

日々研鑽、またリポートします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする