Twitter Night Vol3で思う”差別化”の難しさ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
IMG_0041.jpg

IMG_0041

Twitter Night Vol.3に行ってきました。
テーマは「twitter革命!-twitterの未来、そしてこれから起きること-」。

今年の初めの頃に、番組でtwitter特集を担当しましたが、
あのときに比べて本当にtwitterの広がりはすごいなと感じていますが、
より、可能性を感じられるセミナーになりました。

twitterのタイムライン上にはたくさんの実況がありますし、
またOAもされてましたし、
ブログの方にもみなさんの実況や詳しい説明があがるだろうと思うので、
それはみなさんにお任せして(笑)

<当日司会をされていたkengoさんの記事>
壇上でも会場でもみんなライブ Tweet しまくる、Twitter Night Vol.3 が開催

<Lifehack.jp>
Twitter Night Vol.3 に行ってきました!

<ふくろう好き技術者ブログ>
twitter night 3 おもしろかったです。 #twn3

<twitter serach>
#twn3

Twitter Nightではたくさん感じることがありました。
一番感じたのは、「差別化することの難しさ」です。

今日はTwitterってなんぞや?はまた別の機会にさせてもらって、
とりあえず、感じたことの一つを書かせてもらいます。

続きは折りたたみます。

ココで言う「差別化」というのは、オリジナリティと同義語です。
このブログで以前から私が模索している「自分ブランド」
自分らしさっていうことというか、自分フィルターということですが、
自分はどうしたらいい?ってつい悩んでしまうんですよね。

Twitterをやっている人が一堂に会したわけです。
PCやiPhone、携帯などでつぶやく、壇上からもつぶやく。

多くの人が実況をしているわけです。
Twitterのすごさのひとつに「RTでどんどん広がっていく口コミ
ということもありますし、
フォロワーは各人で違うわけですから、実況は実況で必要なんです。

ですけれど、たくさんの実況が流れているタイムラインを見ていると、
私も同じことをやってもな〜って思ってしまうんですね。

というより、目立ちたいなら(笑)同じことをやっていたらダメなんです。

ブログもそうですよね。

このTwitter Nightでも「メディア」としてのTwitterだったりブログだったりが
話題に出ました。
Twitterはマイクロブログですから、一種のブログと考えたとして、
どうしても多くの人に公開するものですから「メディア」です。

私は一応、メディアの中の人だったりするので、
ブログにしてもtwitterにしても、発言に多少気を遣うところがある。

変な言い方をしてしまいますが、例えば私が犯罪を犯したとして、
そうすると某局と契約し某局の●●という番組ディレクターの菅原和香子が
という報道をされるわけですよね。
結局、個であり公である、という立場が、
ついつい「無難」ですませようとしている自分が今までいたわけです。

でも、それじゃあ、埋没しちゃう。

今は凡人(苦笑)な私ですから、じゃあ、どうやって差別化するの?
という日々、自分のオリジナリティーをどうやって表現するか。
どうすれば影響力のある人間になれるか
考え中で、Twitter Nightでも何となく感想を書くくらいになってしまいました。

でもここで、ピリッと気の利いたことが書けたら最高!
そんな風に思います。

日々、研鑽ですね〜。

他にも、今回のTwitter Nightで得たことがたくさんありましたので、
また改めて書いてみたいと思います。

今日の最後に、長期の病気療養でした。
メッセージをいただいた方、ありがとうございました。
パワーアップして戻って参りましたので、またよろしくお願いします。

Twitterにも日々、つぶやき中です。

近々、アイデアなどだけをつぶやき始める予定のIDはこちら。

ぜひ、フォローをよろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする