ゴッドハンド輝に見る原作ありドラマの難しさ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近「原作あり連続ドラマ」がとても目立つようになりました。
今回のクールでも「ゴッドハンド輝」 「ハンチョウ〜神南署安積班〜」
ゴッドハンド輝は漫画が原作。
神南署安積班は本が原作です。

実は両方とも原作が私は大好きで、神南署安積班の方は、
まぁ、渋い安積刑事が出てきてくれれば、まぁ成り立つだろうなと想像してましたが
ゴッドハンド輝は同じ作り手として考えると相当難しいなと思っていました。

ゴッドハンド輝 45 (45) (少年マガジンコミックス) ゴッドハンド輝 45 (45) (少年マガジンコミックス)
山本 航暉

講談社 2009-03-17
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

その理由は……折りたたみます。   

原作を知る人知らない人に愉しめる内容にするには?

原作ありドラマの難しさはやっぱり、原作を知っている人にも愉しめて、
かつ知らない人にも愉しめるドラマにしないといけないということだと思います。

だけどこれ、どのくらい成功しているんでしょうか。

まず、例えばちょっと古くなりますが「女系家族」とか「白い巨塔」とか、
本当に有名な完結している小説の場合。
一番難しいのは、「結末を知っている人が多い」ということではないでしょうか。
作り手としては、「どうせ●●なんでしょ!」って思われたら終わり。
だけどあまりに違ったら「なんだよ!!!」ってなってしまいます。  

私の場合は、前々回のクールだったかな、でやっていた「ブラッディ・マンデイ」。
原作は元々知らずに、ドラマから入りました。
友人宅で見たときに面白い!とはまりまして、そこから見始めたんですね。
で、最終的には原作も読み出したのですが、あれはあれで良い意味で
裏切られ続けている感じがして、私は原作もドラマも両方愉しめました。
これは漫画は今も続いているし、ドラマも次回作ありそうな終わりでしたから、
「愉しめている」が正しいですね。

でもこの「ゴッドハンド輝」。
ドラマはこれからですし、原作も続いているので、筋は別にしますが……
まぁ内容は、多少変えているんだろうなと思える最初の内容。
これは良し。

だけどキャスティングが……
この漫画の一番難しいところが、主人公の性格でしょう。

無邪気で子どもっぽくて、どじで、でも憎めない。
だけど本領発揮したときのすごさといったら……
と、完全に「スーパーマン」のような、人を引きつける、これがカギになっている。
漫画なら自由自在でしょう。
時には2頭身とまではいかないけれどコミカルに演出している。
だけどドラマじゃあ……。
脇役がかなり原作に忠実に作り上げているだけに、目立つんですよね。

いや「否定するのは誰でも出来る」ので、否定するわけじゃあないのですが、
作り手も演じている平岡さんも悩んでいるんだろうな〜と推察できます。

個人的なキャスティングのイメージは、「金田一少年の事件簿」を演じていた頃の
堂本剛さんな感じなんですね。。。
金田一のキャラとかぶってるのか、輝は(笑)   

もう一つ言ってしまうと個人的には「ゴッドハンド」となる(?)輝の描写がね……
CGとか使ってあって、あれを決まりにするんだろうな伝家の宝刀的にと思いますが
ちょっと安易かなぁとも思います。

漫画を原作にするというリスク。
これは最初からわかっていたはず。CGを逃げに使って欲しくないとも思います。

でも何にしても始まったばかり!
続きが楽しみです。

ちなみに……原作のこの45巻はかなりの山場。
かなり感動的でした。今度あらためてご紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする