教訓::人に聞くなら、まずやってから!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日も「とにかくOUTPUTを」の第2弾目の記事を書きましたが、
「教えてちゃん」になっておりました。

人に聞く前に、まずやろう!

間違ってたらどうしよう?なのか、笑われたらどうしよう?なのか、
無駄なことをやりたくないのか?う~ん、そういうつもりはないのに、どうしてなんだろう。。。

わかっているはずなのに、ついつい「まず」聞いてしまいます。
お世話になっている方に、昨日はメールでついつい甘えてしまい、こうしようと思うんだけど、これはこうで、だからどうしよ~!!!とメールをしてしまいました。

その後、メールを送ったあとに気がついたのは、takakoさんの以下の記事。

12月のグループコンサルの時のメモによると、質問の仕方は、

× ~やろうと思うけどどうですか?
○ やりました。どうですか?

実際、ヤフオクとか、ブログとかについては、私も人から質問されます
その際に、まずやってみたらどうですか?と答えてます。

by:質問の仕方、アドバイスのもらい方 ::あなたにも見つかるあなただけのセルフブランディング

う~、まさにまさに。
私の質問の仕方は「やろうと思うけどどうですか?」でした。

しまった!!!と思ったときにはすでに朝を迎え。。。
あわてて「やってみて」やってみました、ご意見を~!というメールを書いたものの。。。

もうすでに時遅しではあるのですが、やってしまったことはどうしようもないので、ごめんなさいと誤って反省します。
みなさんはぜひ、人に意見を聞く前に、「やってみてから」アドバイスを求めてくださいませ~!