とにかくOUTPUTを!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かなり耳の痛い話が、今週末、私自身2回目の参加となるセミナーの講師でもある
水野俊哉さんのブログに書かれていた。  

なぜなら、「ベストセラービジネス書の書き方セミナー」も1月の第一回より参加して、出版が現実のものになろうかという方がいる一方で、「本を書きたい」などとパーティーでいつも口にしていたりブログで書きながら、次に会った時にも同じことを話している方もいます。

[From 書店回り と 手書きPOP と 書評と セミナーの話 – 水野俊哉の日記]

自分のこと言われている気がします(苦笑)

前回、参加したときに「次回は企画書を持ってきます」と話したものの、
その次のセミナーは仕事の都合で参加できず、
そしてようやく参加出来る、今回のセミナーですが……
結局、まだ企画書が出来ていない。

とにかくOUTPUTを!!

私の場合、こんなことをやりたいなというのはある。
ただ、今、頭の中で悩んでいるのは、どうしたら形になるかということ。

企画書にはなるかもしれない。

ただ、実際に書こうとすると……どうわかりやすくなるのか、
どうすれば伝わるのか、そこがわからない。

でも、これは頭の中で悩んでいるだけだ。

とりあえず企画書におこしてみるか。
だけど、どうやって実現するかなぁ〜?

こういう状態で、なかなか最初の一文字を打てずにいます(苦笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする