名刺づくり::セルフブランディングはじめの一歩

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
aqualuna-meishi.jpg

aqualuna_meishi2009-03-22_1704  

 まだまだ模索中の「セルフブランディング
このブログに関しても、一度は「書評」に絞ろうかとも思ったけれど、
どうもそれも自分らしくない気がして、また雑記に戻ってしまっている。

 ただ、ひとつだけ言えるのは、やはりブログもひとつのメディア。
自分だけではなくて誰かのヒントにもなったらいいな
ということだけかもしれない。

 さて、前置きが長くなったけれど、うだうだ言っても始まらない(笑)
とにかく、「まずやってみる!
これが今の信条なので、やりながらそのあたりのことも考えることに。
いろいろとやりたくなって、ブログが再び増えるかもしれないな。

 閑話休題。今日は、今まで表だけだった個人名刺に「裏面」も作ってみた。

 続きは折りたたみます。


話のとっかかり作りに「自己紹介」を

 最近、こうしたビジネス系のことを多く書いているせいもあって、
mixiなどを通して、メッセージをもらうことが増えた。

 これはとてもうれしいことで、ますます自己紹介ページや、
ブログの内容をどう充実させようか、考える所なんだけれども……。

 メールの中には、どうお返事を書いて良いのかわからないものが多数ある。
mixiの場合は、携帯から書いて下さる方も多いのだと思うので、
仕方がないのかなぁとも思う。
だからmixiのプロフィールや日記を拝見して、共通点を探したり、
自分が興味を持てるポイントを探すように努力している。

 そう、要はコミュニケーションには「話のとっかかり」が必要です。
今まで私の場合は、
「●●という番組の菅原です。これこれこういう取材で参りました。 」
で、すべてがすんでいたのだけど、
「●●という番組」という枕詞をはずした自分に何があるのか?
ということが、セルフブランディングなのではないかと思う。

 とにかく「やってみる!」だから、まずは第1弾。
裏面にプロフィール欄を作ってみました。

キャッチフレーズに悩む

 最初に悩んだのが「キャッチコピー」。
twitterでつぶやいてみたところ「人につけてもらったら?」というアドバイス。
それも一理あるのだけど、残念ながらそれをお願いできる友人がいない(汗)
とりあえず自分で作ってみました。

 「探求心旺盛で新しい体験を常に探し続ける「リサーチャー」

 う〜ん、こっぱずかしい(笑)

 ただ今はまだ、自分に何ができるのか、いまいちそれがわからなくて、
自分がやりたいことは、もっとドキュメンタリーを作ることだったり、
本を書くことだったりする。
どうせなら自分の名前で勝負できるくらい有名にもなりたいかな。

 で、それってどういうことなんだろう?なんでそういうことがやりたいんだろう。
それを考えたときに、自分がわかったのは、
私は常に新しい体験を欲しているっていうこと。

 仕事で取材に行きたいのも、知らないこと、知ることが好き。
本を読むのも、知らないことを知ることができる。
テレビや本は、人に疑似体験を提供することができるし、
それを作る側にいれば、自分が体感することができる。

 自分が求めていることはそういうことなんじゃあないか?と
今の私はそう思うので、そんな風なキャッチフレーズをつけてみました。
そのうち、変わっていくのも楽しみかな。

 それ以外の趣味だのなんなのは、ちょっとしか書けなかったけれど、
主立ったものを書いてみたし、
夢として仕事も続けていきたいし、本も書きたいとも書いた。
このあたりが話のとっかかりになっていけばいいかなぁ。

 ということで、まずは第1歩。やってみる!が一番ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする