twitter特集 ありがとうございました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ありがとうございました

今、かかわっている番組 NHK BS1で放送中の「きょうの世界」で、
先日「twitter」に関する特集が急きょ立ち上がり、
立ち上がってからほぼ3日の16日(月)に放送がありました。

使用しているユーザーさんを取材せよ!
との命題に、たくさんの方にご連絡をさせて頂き、たくさんのご尽力を頂きました。
感謝!です。

まとめなどはあちこちのサイトさんで

 ◆ご出演頂いたウープスデザインブログさん

 ◆観測気球さん
 ◆ICHINOHE Blogさん
 ◆aquappleさん
 ◆Gururiの日記さん
 ◆nDikiさん

思いの外たくさんあったので、あとでまとめ作ります。

考えさせられた「人脈」と「セルフブランディング」

 実は今までブログでもあちこちでも、自分の名前やかかわった番組名を「募集」意外に出したのははじめてでした。それはいろいろな考えからだったのですが、今回のお仕事でいろんな意味で自分がネット上にさらされたり、自分の発言が「中の人」としてだったり、上記のまとめサイトさんだったりに、改めてあがったりして、いろんなことを考えさせられました。今回のお仕事は、ここ数ヶ月、このブログで考えていることが具現化した、そんな風に感じています。
 「人脈づくり」を今まではちょっぴり人ごとでいた私。ビジネスの鉄則として人脈とあったり、人が大事だとわかっていたり、でも苦手意識があった私は後回しにしてしまっていました。でももうそういう場合じゃあないとわかったきっかけをもらった仕事でした。
 「セルフブランディング」を、このブログでさんざん悩んできました。しかしこれもこのお仕事がきっかけで自分がどうしていきたいかに矛盾があることに気がつきました。そこで番組名にしても名前にしてもちゃあんとしていこうと決めてみました。

詳しくは折りたたみます。

「人脈」ー「自分は何が提供できるのか」

 今回ほど「人脈」というものの大切さを実感した仕事はなかったので、協力して下さった方、すべてに感謝をしています。

 その上で、やっぱり「人脈作り」は必要だと思いはじめました。
そこで何をするか?ということになるんですよね。
私の場合は、今回、お世話になった方々へのお礼と、また今回、突然にメールをさせて頂き、お返事を頂いた方へのお礼がまずはあるので、そのお礼と共に、お会いさせて下さい とお願いをさせて頂いています。

 ランチやお茶、実際にお会いしてご挨拶を〜とお願いしているのですが、ものすごく心苦しいのは、私は何が提供できるのだろうか?ということ。すごい人たちとお会いする、それにもかかわらず、自分が何も提供できない心苦しさ、お願いする一方になってしまう、そう思うと、実は一歩も動けなくなってしまいます。

 今回はお願いするメールの際に、「自分はまだ何も提供できないかもしれませんが」と書き添えさせていただいたりもしました。時間泥棒になってしまうかもしれない、だけど、動き出さなければ何も進まない、そう感じています。ご迷惑をおかけするみなさんすみません。。。

棚卸しと新たな人脈作りー私の場合は興味を持つ!

  ようやく自分の欠点が見えてきたのは、なぜか今まで「人に対する興味」が薄かった点。
 私の場合は読書が好きなので、好きな作家さん、この人が本を書けば必ず読むという作家さんが何人もいます。にもかかわらず、私は今までその作家さんに対する興味をあまり持たなかったんですね。 高値の花だ、会えるわけがない、そんな風に勝手に決めつけて、その人自身のことについて考えもしなかった。

 ですので、私はまずその人に興味を持つことからはじめようと決めました。そして興味を持つと、聞いてみたいことがたくさんでてくる。楽しくなってくるんですね。

 そこからはチャレンジあるのみ!
会いたい人にファンメール、ファンレターなどをしてみたりすることを始めました。
もちろん返事が来るかどうかはわかりません。 来ない方が大半かもしれない。でももしかしたら、いつかどこかでチャンスがあるかも?そんな時に、以前ファンメール出したことがあるんですよ〜!なんて話のきっかけになるじゃあないですか?

名刺を考え中 そしてネタフリに苦手な気持ちがまだぬぐえない私なので、今、名刺の裏のデザインを考え中です。今は表(こちらは気に入ってます)だけが入っている個人名刺なので、裏にプロフィールや接点をさがせるような名刺にしようかなと思っています。

矛盾があった「セルフブランディング」

 今回の仕事で気がついたのは「セルフブランディング」に矛盾があったこと。
メディアの中にいる人間として、やりにくいのは確かだったかもしれないけれど、私は不思議とネットでの活動を、仕事の関係者に知られたくなかったんですね。なぜか秘密裏にやろうとしていた(苦笑)
 恥ずかしいという気持ちが一番なんでしょうけどね。だから番組名も出さず、名前も出さずやってきたんだと思います。
 でも今回の件で発見がありました。

 一つはこのtwitterでいろいろと流れた時に「テレビの中の人」と表現されたこと。賛否両論、いろいろな意見が2chやtwitter、はたまたブログに掲載されて、取材を受けて下さった方、ご自身達もブログにいろいろ書いて下さる。
 自分がtwitterでつぶやけば、つぶやきがReTwitterされてfrom中の人とか書かれる。自分自身はものすごく「普通の人」だと思っているのに、なんか「普通の人」じゃないさらされ方をしている。
 本当に番組ディレクターって仕事は自分の「売り」なんだなぁと改めて感じてしまいました。もちろん、名刺一つでいろいろな人に会える、番組の取材ということで、協力いただける、そういう仕事だとわかってはいたのですが。。。
 だから恥ずかしいから職場の人たちに知られないようにやろうというのは、大いに間違いなんだなぁということを感じて、じゃ、やろ!と決めたら、ものすごく楽になりました(笑)

 ということで、徐々にまたパワーアップをするこのブログです。セルフブランディングはまだまだ構築中ですが、パワーアップ間違いなし!ってことで、ぜひとも応援よろしくお願いします。