【読書カード】定期的に再読したいー考具

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
考具-考えるための道具、持っていますか?
考具-考えるための道具、持っていますか? 加藤 昌治

おすすめ平均
starsアイデアを出し続けるためのテクニック
starsあざとい作りのハウツー本、最後の冷水も定番だが、楽しく読める
starsアイデア、企画を創出する必要のある、すべての人に
starsアウトプットが大切です
stars簡単なツール

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「アイデアを出す」ことに特化した本。
元々興味はあったが、たまたま行った図書館に置いてあって読んでみたら、もう簡単に明解に書かれた本で、とても良本。

定期的に読みたい

amazonの書評で多く目立ったのは、プロのため、アイデア出しが必要な人のための本ということ。私自身、他のビジネス本よりも共感出来た理由はそこに あるのかもしれない。通常の企業で働く人よりも、アイデアを出すことが必要とされる職業の人には、とにかく必須といってもいい、ツールとなる本だと思う。
目新しいことはないのだが、チェックツールとして、定期的に再読したいと思える本。
またとても明解と思える理由は、写真などの視覚情報が多い点もあげられると思う。実例が写真になっていることで、直感的に理解しやすい。

アイデアを得るActions

1日決まった何かに注目をする

朝起きたら、『今日は「赤い色」に注目しよう』とか、『今日は「丸い形」に注目しよう』とか決めてみる。そして1日そのことに注目するように心がける。あ れ、こんなところに「赤」がある、これも「赤」だったんだ。こんなこと書いてあったんだ……など、いろいろな「発見」があること間違いなし!
これ、やってみよう!と思います。携帯やデジカメでそれについてパチパチととって、見返して見たり、発見から何かアイデアが得られないかやってみようと思います。
さしあたり明日は赤に注目してみましょうか。

何かになりきってみる

例えば、子どもになりきってみる。10歳の子どもと同じ目線になるためにしゃがんで周りを見回してみる。

要するに、「視点を変える」ということだと思う。実際に「視点を変えよう」と努力しても難しいのならば、実際に変えてしまえばいい、一見乱暴ですが、これって重要。とても良いアイデアだと思います。

アイデアマラソンの通し番号をつける

アイデアマラソンを読んで以来、このA6ノートに毎日アイデアをできるだけだしていて、【発想】という項目を立てている。しかし今までは通し番号をつけていなかった。これは気持ちの問題なので、とりあえずその日から続けてみようと思う。

発想と論理的な思考法

いくつかアイデア出しの方法が書かれているが、これはいわゆる「論理的」な思考法だと思う。アイデア出しというものは、そういうものなのかもしれないが……文系の私には苦手なので、こうした本を読みながら徐々に習慣づけたい。

ブレーンストーミング

この本の中では「アイデアスケッチ」と紹介されていたが、付せんやメモ、Power Pointなどで、1つ1枚、思いついたことを書きまくる。書いて、書いて、書く。

書いたものを適当に並べてみて、その関連性をみつけていく。というもの。
1つ1枚と書かれたアイデア関連の本は多いのでそうなのかもしれない。これは今度試してみようかと思う。たぶん、マインドマップでも出来るんじゃあないかと思うので、どちらかで試すつもり。
ちなみに、私の場合は、大学時代に大学のESL(English as Second Language)の先生が英語の勉強の一環として教えてもらった方法を、いまだに続けている。
習慣になってしまっているので、当時から使っているB5のノートを使い、時間を決めて、思いついたことを書き殴る。
例えば、何かアイデアを出したいと思えば、何かアイデアを。どちらかというとテーマを決めてアイデアを出すことが私は多いので、例えばオバマ大統領につい てとか、発想法についてとかについて書き出す。とにかく手を止めない。思いつかなければオバマオバマオバマと書き続ける。とにかく何も考えないくらいの勢 いでアイデアを出していく。慣れないうちは30秒でも相当しんどかったのだが、最近は1分から3分でやっている。
ちなみに私はその後マインドマップで考えをまとめている。

連想ゲーム

ひとつの話題からどんどん話を飛躍させていく、これ面白そう。やってみたいと思う。

オズボーンのチェックリスト

これも物事をいろんな方向からみるためのメソッド。

  • 転用したら?
  • 応用したら?
  • 変更したら?
  • 拡大したら?
  • 縮小したら?
  • 代用したら?
  • 置換したら?
  • 逆転したら?
  • 結合したら?

5Wマンダラ

マインドマップでも応用が可能、5Wを当てはめてみる。

WHO
WHERE 主題
WHAT
WHEN
WHY

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする