ブックダーツを使ってみました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Reading Hacksに書いてあった「ブックダーツ」を試してみました。

今まで何気なく読んでいた本ですが、読書は1冊にまとめなさいを読んで以来(過去記事)、読書メモをきちんとつけるようになっています。小説もビジネス書 も気になった言葉や共感したこと、自分の1Actionなどにふせんをつけて、あとでメモをとったり、マインドマップを書いたりしています。
そこで、ブックダーツとふせんを比べてみました。

折りたたんだページに比較の表をだしておきますが、どちらも一長一短。
ただ、しばらくはメインにブックダーツを使ってみようと思います。というのもやはり、壊れたりなくしたりしなければ、半永久に使えるという使い回しのエコ感が良い。ふせんだとどうしても、限りがあるので、定期的に購入するのがもったいない気がします。

うまく併用をしていきたいと思います。

ふせん ブックダーツ
準備
ただ貼るだけ 差し込まないといけない
使いやすいように、事前に表紙の裏に何枚も貼っておきます 表紙の裏はかわらないが、全部並べて差し入れるので手間
使用中
右ページの
右ページは上
左ページは下
その場所につける
↑は読み返すときに
思い出せる
ピンポイントで
見つけるのが早い
見た目が汚い スタイリッシュ
鞄に入れると端がぐちゃぐちゃ つけていることに気がつかないくらい軽い。
みつけにくい
使用後
元には戻せない
保管しにくい
缶に戻すだけでOK
保管も簡単

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする