読書家か書評家かー私が本の紹介をする理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロジカルブランディング-論理的なブランド戦略- 」の坂田さんが、「書評家と読書家の境界線 」というタイトルで記事を書いてらっしゃった。細かいところは記事を読んで欲しいのだけれども、「書評家」とはどういうものか、ちまたにあふれる「(自称)書評家」は本当は「読書家」ではないのか、と疑問を投げかけているように私には感じた。

これを機会に「書評家とは何か」を考えてみようと思い、マインドマップを書いてみたのだが……これが困った。私は、今までプロの「書評」というものを、まともに読んだことがない。
ブログに書くためだ!とネットでいろいろと探してみたものの、朝日新聞のサイトにのっている「書評」と書かれているものは、書評家が書いたモノではなさ そうで、単なる本の紹介となってしまっている。通常確かに新聞には書評がのっていて、参考に読書リストにはいれるものの、書評家の書評かどうかまではしっ かり見ていなかった。

う〜ん、やはり、いろいろな目線で物事を見られるようになりたいと、改めて思う。まぁ今後実践あるのみ。

一般的に書評とはどういうものか

少なくとも、私の認識している「書評」というものは、

  • 章立て
  • 論旨
  • 評価(肯定・否定)

これがあり、ものによっては、

  • テーマの背景
  • 著者についての情報
  • 他の著作についての情報

こんな感じではないだろうか。
そしてそれを書く人が「書評家」かといえば……坂田さんのおっしゃるように、何だか違う気がする。

読書家としてー

意識をして「書評」に向き合ったことが無かったというのが正直なところ。それでも、私が本を紹介する理由は、やはり、いろんな人と、その本を、そ して感想をシェアしたいということだと思う。

私自身、いろいろなブログでの本の紹介を見て、今まで自分が手をとったことのない作家の本に出逢うことができ た。ミステリー小説の紹介の多いブログで、知らなかった作家に出逢い、本を手にして素晴らしい時を過ごす。そういうきっかけをもらうことになったからこ そ、私も他の人が手に取るきっかけの一つになってくれたら、そんな素敵なことはないと思う。

長くなってしまったので、また明日にも、そんな素敵な経験をさせてもらった「本の紹介」を紹介したいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする