まだまだ序章でもおもしろさを予感させるミヤマ物語

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミヤマ物語 第一部
ミヤマ物語 第一部

posted with amazlet at 09.01.11
あさの あつこ
毎日新聞社
売り上げランキング: 37654
おすすめ度の平均: 4.0

4 あさのあつこ 新境地のファンタジー第一部

評価:★★★★★

まだまだ何も明らかになっていない第1巻。
面白くなりそうとの予感に星5つの評価。一気に読んでしまいました。

まだまだ序章のため、ストーリーは書きにくいですね。

2人の主人公が別々の場所で別々のストーリーを奏で、人物紹介などをおこなった上で、とうとう出逢う、それがこの巻。まずはウンヌの村で最下層にいる男の子が主人公。厳しい身分制度、村の外にはマノモノと呼ばれる「ヒト」がいる……と言っていることから、人間ではないのだろう。明かされてはいない。もう一人は現代の都会の少年。いじめにあい、不登校となっている。ひょんとしたことから、雲濡(うんぬ)という言葉を聞き、興味を持っていく。

ウンヌという場所で不思議に出逢い、どうやら同じストーリーをおっかけていくことになりそう。

deepforest

ウンヌの村での話は、最初は動物が擬人化されているんじゃあないか?
と思っていました。

でも読んでいる内に、それにしてもおかしいな?と思いはじめました。

動物の擬人化だと考えると、とても無理があるんです。
結局、なんなんでしょうね。次の巻が気になります。

ミヤマというタイトルにある言葉も、私としては沖縄なイメージだったんですが「深山」だということでした。

冒頭の話もとても引きつけられます。

なんだかよくわからないけれど、ヒトではないのだろうと思います。
そして、人間の環境破壊などを想起させるような気がしました。そういう教訓が含まれるお話なんじゃあないかと。

ヒトをマノモノと表現すること、外は危ない、など、

冒頭の雰囲気は江戸時代の雰囲気だけれども、何となく現代な感じもする。

そんなテイストが、現代なのかもしれないけど、ヒトのお話ではない、そんな風に思えるのでしょう。

私としては、あさのあつこ氏は「No6」と読み切りのものを何冊かしか読んでいないけれど、現代の問題をファンタジーとして描くのが上手な作家さんだと思います。

現代の問題を感じさせつつ、ストーリーにのめりこませてくれます。

もちろん、ストーリーは展開しはじめたばかり。

これからどうなるかはわかりません。それでも、面白いかも!?と思わせてくれるこの雰囲気が、先が気になる!と思わせてくれるところが、私にはかなりおすすめです。

毎日子ども新聞かなにかに連載されているということで、児童文学なのでしょうが、思いの外、文字も大きいわけではなく、大人にも読みやすいのではないでしょうか。ぜひぜひおすすめです。