読書管理にメディアマーカーとStackStockBooks

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

以前、「読書管理に悩み中」というエントリーでも書いたのですが、読書管理の良い方法を模索中です。

さらにその前には「Remember The Milkで図書館の本を管理」で
Remember Milkを使って、図書館の本を管理する方法を書きました。
その方法はその方法で気に入っていたんですが、借りてくる本の冊数が多すぎて、
だんだん面倒になってきました。

 このRmemeber The Milkで管理していたときというのは、図書館も複数館を利用していたため、
こっちの図書館で借りているコレとコレが何日が返却期限、
あっちの図書館のアレとアレは何日。
そんな風にわからなくなってしまうことも多かったので、一元管理には便利でした。

 でも、最近は仕事が忙しくなってきたのと、体力的な問題、
さらに私の性格的な「面倒くさい」というのが出てきたので、
図書館を地元の図書館に絞ってみました。

 そうすると、地元の図書館のサイトに行って、予約中の本一覧や貸し出し中の一覧を確認すれば
何をいつまでには一発でわかってしまうんですね。
こうなるといちいち一冊ずつ登録する手間をかける必要もなくなってしまったわけです。
図書館自体には定期的に通うので、その時に返せばいいわけですし。
サイトを定期チェックするというのを、スケジュールに組み込んでおけばなお良しです。

mm_logo.gif

そこで、最近お気に入りのツールになっているのが
メディアマーカーです。

 前回のエントリでも、最後にメディアマーカーというサイトを発見と書きましたが、
書籍、ネット、DVDなどなど「メディア」に特化したSNS風ブログという感じでしょうか。
他にも読書管理に便利なサイト、ブクログとかあるのですが、
このメディアマーカーは何と言っても軽いんですね。
管理もしやすいし、かなり気に入ってます。
もっとユーザーが増えて欲しいなぁという風にも思っていたんですが、
最近、Stack Stock Bookという読書管理サイトを発見し、揺らいでいます。

ssb_logo.gif

このStack Stock Bookは本に特化したサービスで、トップの見た目とかもわかりやすい。
元々は「積んでる」「積ん読」なんてことに注目したサービスだったっぽい。

 メディアマーカーは時系列のブロックブログタイプのトップが特徴。
もちろん、未読や読了ですぐソートもできるし、何よりも軽い。
さらに携帯でも見られるし、検索も簡単で、落ちやすいのが玉に瑕だけど
そこまでは贅沢というものだろう。

amazonのアフェリエイトにも対応しているのも、とても良いと思うし、
SNSタイプなので、他にこの本を登録している人のリストなどもすぐに見られて良い。

 ただ、私としてはStack Stock Bookの最初から未読や読んだ本、今読んでる本が
わかれて表示されているトップページというのがかなりお気に入りだったりします。
さらに、タイムラインとか統計部分が面白いんですよね。
あとメインブログはこっちにあるわけで、読んでる本や読んだ本のブログツール、
これめちゃくちゃ便利ですね、メディアマーカーにもあるといいのに。

帯に短したすきに長しではないですが、Stack Stock Booksは理想にきわめて近いサービスですが、
手放しで移行できないと感じる面もあります。

  • まずはアフェリエイトに対応してないこと。
  • 携帯対応ではないこと(一部は対応しています)。
  •  メディア登録するときに、amazonに何となく行きにくいこと。
  • メディアの登録をするときに、すぐにメモが書き込めないこと。
  • 他のメディアに対応してないこと。

このあたりが大きな理由でしょうか。

 もちろん、両者とも進化し続けているわけですし、好みの問題もあるのですが、
何ともかんとも、面倒くさがりの私が両方続けられるのはいつまでになるのか。

そして最終的に面倒だ!となったときに、どちらに軍配があがるのか。
まだ自分でもわかりません。

さらにまた良いツールを発見するかもしれないですし、それはそれ。
どうなっていくのか自分でもみながら、レポートしていくことにしましょう。

 メディアマーカーでの読書リスト
 Stack Stock Booksではこちら。

両方ともサイドバーにもリンクしてあります♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする