短編向き?時代妖怪推理物ーしゃばけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
しゃばけ

posted withamazleton 07.07.22
畠中 恵
新潮社 (2004/03)
売り上げランキング: 957
おすすめ度の平均:
4.0

4
☆4つ
3
古いのに新しい!時代物ファンタジー
5
ダサかっこいい(愛らしい)登場人物がたまらない!

いまや大人気シリーズ!の割にシリーズ名がはっきりしないこの作品(笑)
しゃばけシリーズとか若旦那シリーズとかみなさん称しておられるようですね。 

先日紀伊国屋に行ったときに、最新刊のサイン本が置いてあったことと、
レビューラインでレビューを見たことをきっかけに、読み始め、はまり、あっという間にほとんど読み終えた
そんな作品のシリーズ第一作です。

ただし……私の場合は、実はこの第一作。100%お気に召したわけではありません(笑)
2作目からは短編になってますが、はっきりいって、この長編は面白かったけど、だけど短編向きかな?
そう思ったのが、感想でした。
まぁ、日本ファンタジー大賞の受賞作ということで、どんどん面白い作品を出してくれているので、
よしとしましょう、なのでこのシリーズおすすめです♪

今これを書いているのは、このあとの作品も読んだ後に書いているんだけれども、
読んだ直後に書いた、手書きのレビューもせっかくだからのせておきましょう。

宮部みゆき氏のこの手のやつを、妖怪寄りにさらにした感じの作品。
不満は、はじめから肝の部分がわかってしまった、ネタばれっていうか……
あ〜あ、やっぱりか的な、一応(?)推理物なんだと思うんだから、
ひねりが欲しかった。
しかも、人物紹介が長い割に、消化不良感というか続くんだろうなぁという
完結してない感じがするのは、もっとこうはっきりしてほしかった。
そのせいで、もっさりしていた感じと、消化不良感と相反する感じがもったいない。

まぁ、こんなレビューを書いてました(笑)
一応ブログ用に、リスト化しているものについては、ノートに手書きで書いてあるので、
ブログにも反映していきたいんだけど、一度に出したくないし、平日はなんとな〜くさぼり気味だし(笑)

徐々に書いていきますので、気長に見に来てやってください。
なので、RSSリーダとかでチェックして下さるのが、よいかもしれません(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする