Twitterの面白さがようやくわかってきた「かも?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

結構前からはやっていたミニブログのTwitter
登録だけは早かったんだけど、何が面白いのか正直わからなかった

ようやくお友達だったり、ブログ界の有名な方などをお友達登録させてもらって、
ほぉ〜っと面白さがわかってきた「気が」する。

詳しいTwitterについての説明は、先取り! Twitter使いへの道 AtoZでぜひご覧あれ! 

ようするに、「今なにしてる?」の問いというか、「今こんなことをしてるよ!」を書き込みだけ
そういうブログっていうか、一言掲示板というか、なんなんでしょう(笑)
お友達登録した方の「今なにしてる」がわかるので、ある意味チャットというか、
投げっぱなしチャット、でも返事が来ることも結構ある、みたいな感じなんですね。

だから、友達がやってないとあんまり意味がない(苦笑)

今、ここで飲んでるぜ〜なんてところに、お返事がきたりなんかするんだけど、
だからこそお友達がいないと意味がないし、かかないと意味がないし、みないと意味がない。

だけどマメにやりだすと、なんというかいろんな意見が聞けて面白いなって思う。
ものすごくオープンではなくて、でも多少オープンなチャット、なイメージなんだろうか。
なんか説明が難しいね。

携帯でもMovaTwitterってサービスがあって、それで投稿してました。
でも本格的にはじめたのは、今日なので(大汗)まだまだ楽しさはよくわかってません。
ちなみに、自宅ではMacintoshなので、それ用のクライアントTwitterPodを使っています。
このソフトかなりご機嫌ですよ\(o⌒∇⌒o)/

正直言うと、ちょいブルーはいっていて、一人になりたいけど人恋しい。
しかも、何やってても集中力が続かないって状態だったので、
結構このTwitterに救われました(笑)

明日は、W-ZERO3のTwitterクライアント「TwitterAway」を試してみようと思います。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする