MRIとMRAに初挑戦

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRIとMRAの初体験です。

結局、またもや本日徹夜仕事になりました。
行っちゃダメって言われていたこともあって、明けということを
利用できたので、自分的にはかなりご機嫌。

造影剤を使うので、あまり徹夜はよろしくないんだろうけれど、
それはまあ言ってられません。
しかも鼻風邪ひいてしまったようで、くしゃみと鼻水がとまらない
悪コンディション、何やってるんだ自分は。。。

大学病院から紹介されて、行ってみた病院はめっちゃくちゃ小さく、
でも、MRIとCTの専門?病院らしい感じ。
小さいのに、いっぱいMRIのお部屋がありました。

さっそく着替えて、MRIの部屋に。
横になって、はい頭入れて〜、動かさないでね〜
目をつぶって、目も動かさないで〜、音うるさいよ〜
怖くなったら、これ押して知らせてね〜と何かを握らせられる。

まな板の鯉状態の10分間、これまた長かった〜。
寝ちゃあいかんと言いきかせ続け、何かを握らされた右腕が
かなりだるだる、病気のせいじゃあないかって怖くなったりして、
あぁ、もう最近はなんてわたしチキンなんだ〜、怖がってばっかりだ(涙)

MRI終了、そのまま出され、注射しますけどどっちの手にしますか?
と頭は固定され何かにはいったまま(笑)
右腕この間の採血でひどい状態なので、左にお願いします。
血管出にくいって言われたことありますか?あ、この間はじめて。。。

造影剤を入れてMRAに。
す〜っとするだけで、気持ち悪くなったりもせず、何の問題もない
また10分間。

検査は無事終了。

おみやげ(?)に、MRIとMRAの写真を持たされ、
診察の時に持って行ってくださいね、とのこと。

これはわたしの考えが甘かった。
次の筋電図とテンシロン検査だけ行く予定だったので、
「脳腫瘍があったりしたら、病院があわてて呼び出してくれるだろう」
って考えてたんだけど、検査結果わたし自身が持ってたら、
呼び出しなんかかかるわけがない(苦笑)

封印された結果写真が目の前にあるし、開けてみたい衝動にもかられる。
どうせ開けてみたってわからないのに(笑)

さてさて、この状況。どう打開していくか。
新しい病院を探すべきか、どうしていくか、考えましょ〜\(o⌒∇⌒o)/

あ、そして案の定、今日注射した左腕も内出血で真っ青に。
どうしちゃったんだ、わたしは。。。。。
にしても、ほとんど症状にも気がついてない健康気分なわたし。
左右の腕の注射のあとだけが痛々しい。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする